金魚

昔から魚が好きだった。

まぁ、幼いころに飼える魚といったら金魚であろう。
小さいころから金魚すくいが得意だった私は、小学1年のときの夏休みに、祭りの屋台で金魚を数匹GETした。
水槽を買って、家で金魚を飼うことになった。
餌をやるのが楽しかった。
水を替えたり、水槽を掃除したりといった作業は父がやってくれていた。
水槽は玄関に置いていた。
金魚すくいの金魚なんてすぐに死んでしまうかと思っていたが、何年もの間、金魚は生き続け、うちに金魚がいるのが自然になっていた。
私が中学生になるころには、2匹になっていたが、その2匹は体長20センチ以上になっていた。
友達が家にやってきたときには必ず「これ、鯉?」と聞かれるほどだった。

結局、高校1年のとき、引越しの際に連れて行けなかったので、そのころ家が近かった友達に引き取ってもらった。
その後も3年ほど生きていたようだった。

金魚って結構長生きするもんだなぁとしみじみ思ってしまった。


kingyo.jpg


update 2007年05月09日 13時15分 | ■小・中学生時代■


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。