名前の由来

小学生のときに出された作文の宿題で「自分の名前の由来ついて」というものがあった。
私は、自分の名前があまり好きではなかった。
「どうして、この名前になったんだろう?」と疑問に思ったが、それまでは親に聞くこともなかった。
このとき初めて自分の名前の由来を聞くことになる。
どうもこの「名前の由来」が冗談っぽくて印象に残っているのは確かで。
その「名前の由来」というのが以下になる。

私が生まれて、両親は名前を考えることになった。
父は、自分の名前から1文字取って「一子」「一美」(※)などを考えていたらしい。
私の両親は、結局「一子」にしようと思っていた。
しかし祖母が姓名判断をしてもらおうと持ちかけたようだった。
祖母の知り合いに姓名判断をしてもらった結果、「一子」だと「父親と同じく一匹狼になる」と言われたらしい。
祖母は「女の子なのに、それは困るのでは?」と名前を考え直すよう父に言った。
父は「一子」にしようと決めていたので、さぁ大変(笑)
どうしようかと考えているとき、安直過ぎるがある考えが浮かんだ。
その考えと言うのは、当時売れていたアイドルの名前を付けようというもの。
当時、3人のアイドルが一世を風靡していた。
父は、その3人の名前のどれかにしようと考えた。
どれにしようか迷っているとき、ふとテレビをつけると、そのアイドルの1人が出ていた。
「よし!これにしよう!!」
と父決断。
出生届にその名前を書いて提出・・・。

というのが、私の名前の由来。冗談のような本当の話で。
これを正直に作文に書き、クラスのみんなの笑いものになったのは言うまでもない。
他の子の名前の由来は、もっとちゃんとしていた。
親の思いが込められている名前が多かった。
なのに、私はこんな適当なのか?と、やっぱりこの名前が嫌いになったのは言うまでもない。

とはいうものの、作文自体は「ウケた!」と内心ニヤリとしたのを覚えている。
関西人の性というものだろうか・・・(笑)


(※)名前は仮名です。

ちなみに、筆者の「香坂 萌乃」という名前はもちろんペンネーム(ハンドルネーム)で、本名ではありません。


update 2007年05月08日 11時08分 | ■小・中学生時代■


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。