クーラー

うちにはけっこう年代もの?と思われるクーラーがあった。

リビング、各寝室、客間、書斎にはクーラーが設置されていた。
けっこう年代ものかなと思われるもので、デザインは木目調。(実は木でできてたとかだったらスゴイ・・・。)
もちろんリモコンなんてものはなく、電源は、本体にしかない。
なんのためにあるのかよくわからない、紐が出ていた。(なんだったんだろ?あれは?)

今の時代、夏になったらクーラー(エアコン)をつけるのがあたりまえになっているが、当時はそうでもなかった。
クーラーはあったものの、電源が入れられることはほとんどなかったと思う。
特にリビングのクーラーなんて、ついてるのを見た記憶がほとんどない(爆)
うちにはクーラーがあるのに、なんでつけないんだろう?と子供のころ疑問に思っていた。

そんななかなかつかないクーラーだが、寝苦しい夜には仕方なくつけられた。
あまり、クーラーをつけることがなかったので、かなりうれしかった。
クーラーのきいた部屋は、外の蒸し暑い場所とは別世界。まるで海の中にでもいるような、そんな気分になりながら眠りについたのを覚えている。


update 2008年07月25日 11時47分 | ■小・中学生時代■


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。